ユースの活動

2013年

3月

02日

Kyoto Youth Greens

 

こんにちは!

 

長谷川羽衣子マネージャーのユイキです(^^)

 

やっぱりブログ毎日更新するって大変ですね。。。(^^;)

 

でも、緑の党に関して、参加型民主主義の党に関して、

 

もっと多くの方に知ってほしいので、なるべく多く更新していきたいと思います。

 

 

 

さて、

 

<昨日と今日の羽衣子さん情報>ですが、

 

再び予備選挙の全国行脚で、街頭宣伝や討論会へ出かけています。

 

昨日から今日の午前中は愛媛です。明日は神奈川、明後日は東京です。

 

詳しくはこちらをご覧ください→http://greens.gr.jp/2013kokkai_info/5151/

 

僕はいつものことですが、京都に居残りです。交通費とか出ないので(^^;)

 

 

 

今日のお話ですが、

 

「Kyoto Youth Greens」というユースグループの話をしたいと思います。

 

ドイツ、フランス、オーストラリアなど、世界には緑の党がいくつかあるわけですが、

 

緑の党がある国にはだいたいユースグループがあります(10代〜20代前半くらい)。

 

日本の政党の若者組織・グループとの違いは、「党の下ではない」点です。

 

 

 

例えば、ドイツのユースはドイツ緑の党から資金的に助けてはもらってはいるものの、

 

別組織として、「党に対して対等な立場」で政策や党運営などについて、

 

意見交換や提案を行います。

 

 

 

そんなの建前だけでしょ?と思うかもしれませんが、

 

党の総会で、特に「子ども」や「若者」に関する法案などに修正案を出し、

 

その案が通ることもあります。

 

それを可能にしているのは、もちろんユースがしっかりと活動し、

 

勉強しているからということもありますが、

 

いちばんは「党(大人)の若者に対する姿勢・考え」だと思います。

 

 

 

「地球は未来を生きる子どもたちからの借り物」という言葉に象徴されるような未来志向と、

 

「子どもの権利条約」に書かれているような子どもを認め、尊重する姿勢が

 

各国の緑の党にはありますし、日本の緑の党もそうです。

 

 

 

Kyoto Youth Greens(ユース)はきょうと緑の党(大人)に対等な関係で、

 

様々な活動を行っていきます。

 

Greens CafeやGrenns Meetingなどを通して参加型民主主義の党とは何かを多くの人と考

 

え、実践していきたいと思います。

 

 

 

ということで、

 

今夜は「Youth Meet Adult〜世代を超えて語り合おう〜」という企画で、

 

きょうと緑の党のおじさんたちと若者で交流会です。

 

楽しみだ〜!(^^)/

 

 

長谷川羽衣子マネージャー ユイキ

twitter:@yuiki12

1 コメント
http://www.hasegawauiko.com/寄付のお願い/
緑の党 グリーンズジャパン
きょうと緑の党
各地のういこ応援団